*

大人ニキビをケアするために心がけたい正しい洗顔方法

大人のニキビをケアし美しい肌を作るために、正しい洗顔の方法を知ることは大切です。
間違った方法で洗顔すると、肌を傷めることになったりニキビを悪化させてしまうこともあるからです。
正しい洗顔の方法とは一体どのようなものなのでしょうか。

正しい洗顔の方法に、まず洗い過ぎないというものがあります。
ニキビを治すために肌を清潔にしようと考えて、何度も洗顔するのが良いと考えがちですが洗顔のし過ぎはかえって良くありません。
洗いすぎによって古い角質が落ちにくくなり、肌がボロボロになってしまう危険があるのです。
また、洗顔料を泡立てずにゴシゴシと洗ったり、熱いお湯で流すことは肌に大きな負担となるので避けましょう。

正しい洗顔方法には幾つかのポイントがあります。
まず、手をきれいに洗って清潔にしてから、人肌ほどの温度のぬるま湯で顔を流します。
これは毛穴を開き、汚れを落としやすくするためです。
それから、洗顔料を泡立てる際に、泡立てネットなどを使ってキメの細かいモチモチとした泡を作ることもポイントです。
毛穴の汚れが落としやすくなり、泡がクッションのように肌を刺激から守ってくれるのです。
しっかりと泡立てたら、皮脂の多いTゾーンから優しくクルクルと円を描くように洗っていきます。
その後は、頬、フェースライン、口回り、目の周りと丁寧に洗っていきます。
そして、ぬるま湯を優しく押し当てるように30回ほどすすぎましょう。
最後に、清潔なタオルで優しくそっと顔に当てて水分をふき取ります。

洗顔の方法によって、肌の状態は大きく変わってきます。
自分の洗顔方法を見直し、肌の状態に合わせた丁寧な洗顔を継続することで大人のニキビをケアしていきましょう。


公開日:

記事はありませんでした

      • カテゴリーなし