*

炎症を起こした状態の大人ニキビの特徴と対処の仕方

大人ニキビを放っておいたり間違ったケアをすると炎症を起こして悪化してしまいます。
炎症を起こした大人ニキビをどのようにケアしたら良いのでしょうか。

ニキビが赤く腫れて触れると痛みを感じることがありますが、これは強い炎症を起こしているニキビの特徴です。
汚れが詰まってしまった毛穴にアクネ菌が増殖し、免疫機能が反応することで赤く腫れてしまうのです。
炎症によって膿が溜まって固まってしまっていると、芯のように表面に見える状態になります。
また、皮膚の奥深くで皮脂が詰まってしまっていると芯は表面には見えません。
このような赤いニキビにまで進行してしまうと、長引いたり跡が残ってしまう可能性もありますから注意が必要です。

では、炎症を起こして赤く腫れたニキビをどのようにケアしたらよいのでしょうか。
まずは、抗炎症作用や殺菌効果のある薬で炎症を鎮めることを優先しましょう。
そして、保湿に心掛けたケアをするのはニキビのケアに有効です。
一般的に、自分は油性肌なのでニキビが炎症を起こしたと思いがちで、そんな時に保湿というのは意外に思えるかもしれません。
でも実は肌が乾燥しているからこそニキビが悪化しているということもあるのです。
ですから、肌の乾燥を改善するための保湿ケアを継続してみましょう。

炎症を起こした赤いニキビは、見た目も痛々しく、実際痛みや違和感を覚えて辛いものです。
悪化させないうちに正しく対処し、跡を残さないように治していくようにしましょう。


公開日:

記事はありませんでした

      • カテゴリーなし